式場案内

護国神社の魅力・特徴

和の心を未来へと

緑の木々に囲まれ、
凛とした雰囲気の中で執り行われる
鹿児島縣護國神社の「神前式」。

鹿児島縣護国神社は豊かな自然に囲まれ、四季折々、違った雰囲気を持った神社です。そんな護国神社で執り行われる神前式は、鹿児島県内はもちろん、県外の方々にも好評をいただいております。

雅楽の調べや巫女の舞は優雅にして荘厳、結婚式をより一層印象的に彩ります。ここ鹿児島縣護國神社が新たな門出を迎えるお二人のお力添えができればこの上ない喜びに存じます。どうぞ大神様の御前において、永遠の幸せをお誓いください。

式場設備

画像をクリックすると拡大します。

式場設備をご利用するにあたって

  • 式場は、御本殿、儀式殿の2ヵ所あります。
  • 御本殿:参列者50名まで。
  • 儀式殿:参列者20名まで。
  • 両殿とも冷暖房完備。両殿の同時並行の挙式はいたしません。
  • 控室、着付室、大ホールも冷暖房完備。
  • 着付室、大ホールを使用される際は申込時に予約が必要となります。使用料は必要ありません。
  • 大ホールは使用できない場合もあります。
  • 車イスにて参列もできますが、その際の席次は神社の指示に従って頂きます。
  • 控室にて湯茶はご用意いたしますが、食事をされる場合、許可が必要になります。
  • 式場での撮影(ビデオ、カメラ)は、当日説明を受けて頂きます。
  • 着付けの為、早朝の入館の際は、ご連絡が必要となります。
  • 貴重品、手荷物は、社務所に預けて頂きます。

神前式Q&A