和装・和婚の魅力

日本古来の伝統を受け継ぐ神前結婚式の由来。
婚儀の形や衣装にも大切な意味が込められている。

一家の生成発展の原点であり、社会や民族の原点でもあるとされる結婚は、伊邪那岐命(イザナギノミコト)・伊邪那美命(イザナミノミコト)の2柱の神の夫婦の道にならった厳粛な人生の門出です。神の計らいによって縁が結ばれたことを感謝し、互いを尊敬し合いながら長い人生を歩むことを神前に誓う、重要な慶事とされています。

神社での結婚式の始まりは、明治時代の皇太子・大正天皇が執り行った婚儀といわれています。しかしここから全国に普及した儀礼の内容を見ると、床の間に伊邪那岐命・伊邪那美命や自ら信仰する神々の御神名、縁起物などを飾り供物を挙げ、御神酒をいただくという古来より家庭を式場として行われてきた伝統的な婚儀を参考にしていることがわかります。現在の神前結婚式は家庭における婚儀の形や礼儀作法を集大成し、日本の伝統的な考えを継承した、意義深い儀礼なのです。

和装の魅力

日本人の心を捉えて離さない神前結婚式。一生に一度の晴れの日は、「清楚な白無垢姿でのぞみたい」という花嫁たちの声も多く聞かれます。現在の形式となったのはまだ百年余り。結婚式の源流はもっと古く、室町時代の武家の婚礼までさかのぼるといわれています。

日本髪に角隠しや綿帽子をつけ、帯や小物まですべてを白で統一した白無垢。命をかけて嫁ぐという無垢な心が込められていたそうです。また、色打掛や引振袖も角隠しをつけると式服となり、角隠しをはずし色直しとしても使用できます。色打掛や引振袖などの衣装には、花嫁の幸せを願い、鶴・束ねのし・牡丹・松竹梅・宝尽くし文様などが施されました。「おすべらかし」をつけた「十二単」と「衣冠」や「束帯」の組み合わせも式には気高く厳かです。

和装の魅力

和装の魅力

神前式のメインは、白無垢の花嫁と紋付袴の花婿が三三九度の盃を交わす時…。
神前に誓うということは自分の心に誓うということ。婚礼和装を身につけることで、日本人に伝えられてきた感性や心を子孫に継承し、社会への責任を持つことが婚礼の意味だそうです。

婚礼衣装に込められたものとは嫁いで行く花嫁へ、永遠の幸せを願う家族の切なる思いだったのです。

取材協力/チャームブライダル

神前式Q&A